専業主婦でもキャッシングを利用するために押さえること

専業主婦は基本的に無収入ですので、キャッシングを利用することができるのか、と疑問に思われるかもしれませんが、原則は可能です。

 

ただし、消費者金融では収入のない方には融資を行っていないので、消費者金融を利用することはできません。しかし、銀行カードローンならば可能です。その上、審査を簡単に通過したいのであれば、その中でも夫の同意書が必要ではなり銀行カードローンを選ぶのがポイントです。

 

主婦のご利用にオススメ!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

夫の同意書が不要なことのメリット

まず、前述したように審査に簡単に通過できます。そもそも、この夫の同意書、キャッシング用語では「配偶者の同意書」と呼ばれるものですが、これが一番ネックだという方が多いのです。夫に知られずにキャッシングを利用したい方や、夫が借金アレルギーで絶対に同意してくれない、などの方ですね。

 

これは結構当てはまっている方は多いかと思われます。夫の同意書が不要なメリットは何よりも、夫バレを防いでくれる、という点なのです。配偶者の同意書が不要なのは、イオン銀行、横浜銀行、東京三菱UFJ銀行、楽天銀行、みずほ銀行などなど、かなりメジャーな銀行に多いので、地方の方であっても利用することは可能です。

 

もっと借りやすい銀行はイオン銀行、横浜銀行

この二つの銀行に共通するのは、住民票が不要だということです。他の銀行では、住民票の提示は夫との婚姻関係を証明するために必要なのですが、こちらではいらないのです。もともと、住民票を入手するためには役所に行くだけ済みますので、そこまで難しい事でも苦労することでもありません。ですが、それが無いだけでも手間が省ける、と考えれば簡単にキャッシングが利用できるとも言えますね。

 

これらが不要ならば、必要になるのは身分証明書だけです。これならば、普通の会社員と同じように借りられるも同然です。会社員の場合も、身分証明書だけで済みますから、ほぼ同じです。その上、会社員の場合に必須な在籍確認もありませんから、専業主婦の方がむしろキャッシングを利用しやすいとも言えるかもしれませんね。

 

消費者金融でもキャッシングを受けられる場合はある

最初に、不可能と言いましたが、ごく一部の消費者金融ならば、可能です。それらは信用系と言って、母体となるのはクレジットカード会社が行っているキャッシングです。しかし、これらにはあまりメリットはありません。

 

特に、審査基準が銀行と比べても厳しいのです。消費者金融のメリットと言えば、即日融資ですが、こちらの場合ではそれができませんし、その上、ショッピング以外の用途に利用しようと思っていると、審査に通らないこともあります。会社的には、加盟店をどんどん増やして利益を出すために、ショッピングに使ってもらいたいのです。

 

ですので、無収入の専業主婦であっても、消費者金融でキャッシングができるのですが、正直なところあまりオススメできる要素がないのです。これよりも銀行カードローンを利用した方が、はるかに得をするのではないでしょうか。

 

30万円の限度額が設けられていることに注意

また、銀行カードローンでキャッシングを利用しようにも、必ず30万円の融資限度額が設けられていることを忘れてはなりません。この30万円という限度額は、一番低い限度額です。無収入ですから、それは致し方ないと思うしかありませんが、ほとんどの銀行カードローンではそれ以上の金額は借りられないと思った方がいいでしょう。

 

けれども、もっと高額の融資を受けたい、という方もいらっしゃるかと思います。そのような方にオススメなのは、楽天銀行とイオン銀行です。これらならば、限度額は50万円になっていますので、他と比べると20万円も多く借りられる可能性があるのです。

 

もちろん、返済できるかどうかをきちんと吟味した上で、利用することをオススメします。利用中の夫バレの危険性を回避するためにも、やはり返済する見通しをきちんと立てたから利用した方がいいので、必ず、返済のことを視野に入れてからキャッシングを利用するようにしましょう。

銀行と消費者金融、審査が通りやすいのはどっち?

『月間消費者信用』という業界紙がある信用の高いデータを出しました。それが銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査通過率が約2倍も高いと言うデータです。

 

消費者金融の場合、審査通過率は約40〜45%で、銀行カードローンは20%〜25%です。以上のことから、消費者金融の方が2倍も審査を通過しやすい、ということが理解できるでしょう。しかし、場合によってはどちらの審査が通りやすいか、違いが生じてくることもあります。

 

無収入の主婦でも、銀行カードローンならば通り易い

無収入の主婦は大手の消費者金融では融資不可能となっています。消費者金融は基本的には通りやすいことは前述したデータでもよく分かりますが、やはり収入が無い方にはなかなか貸し出すのは難しいようです。自動的に無収入の主婦がお金を借りるのならば、銀行カードローンを利用することになるのですが、そのような情報を知ってか知らないでか、かなり審査が通りやすくなっているのです。

 

必要書類は本人確認だけの場合も

銀行カードローンで専業主婦が借りる場合の審査はかなり緩いです。本来ならば、夫の「配偶者同意書」や「婚姻関係の証明書」などの書類が必要になるのですが、中にはそれらが必要でない場合もあるのです。

 

もちろん、どちらか一方が必要で、どちらが一方が不必要になる、というパターンもあり、それは銀行ごとにケースバイケースです。ですが、これらの書類が不要になるという点では他の仕事をしている主婦と比べて、本人確認の書類だけで済むので、審査までの書類の準備などが非常に楽になり、審査がしやすい、という利点がまず挙げられます。

 

また、自分個人の在籍確認も存在しません。もちろん、収入減となる夫の仕事場への在籍確認は存在しますが、自分自身は仕事もしていないので、絶対にあり得ません。自分で仕事をしている以上は、在籍確認は必ずあり、時と場合によってはかなり気を遣ったりしなければならなく、負担になる可能性もあるのですが、それをしなくていいことになり、融資までに必要な作業が一つなくなると考えると、かなり楽になっていることが良く分かるでしょう。

 

このような条件があるために消費者金融よりも銀行カードローンの方が楽で、審査も通りやすい事がよく分かりますね。

 

学生の場合は消費者金融が借りやすい

もちろん、学生であっても融資を受けることは可能です。しかし、収入がない学生は、先ほどの主婦の場合と比べると逆転します。学生は消費者金融の方が融資してもらえる可能性が非常に高いです。

 

銀行カードローンならば不可能の可能性も

例えば、オリックス銀行カードローン、横浜銀行カードローンなどは学生に対しての融資を「一切不可能」としています。銀行は地方ごとにたくさん存在しますが、中には学生にできる場合も、できない場合もたくさん存在するのです。

 

銀行カードローンをするなら「親権者の同意書」が必要

先ほど述べたように、銀行カードローンの中で、学生でも利用できる場合があります。しかし、審査の際に「親権者の同意書」が必要になることが非常に多いです。三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックなどがその一例です。学生でキャッシングを利用したいと思っている方の中には、親には内緒で利用したい、と思っている方もたくさんいるでしょう。

 

そのような場合に親に同意書を貰う、ということは絶対にできませんね。そんなときに利用すべきなのが、消費者金融です。消費者金融ならば親権者の同意書も不要ですし、少し工夫をすれば、親にバレないようにすることも容易に可能です。

 

年金者の場合はどちらもメリットデメリットがある。

年金受給者で、年金で生活している高齢者にとっては、銀行カードローンも消費者金融も一長一短です。どちらを利用する上でも、年齢制限があり、その上限を見る限りでは、上限が60歳の銀行カードローンよりも、69歳までと設定されている場合の多い、消費者金融の方がいいと思われるかもしれません。

 

消費者金融を利用するには年金だけではダメ

しかし、消費者金融を利用するためには、年金以外の収入がなければ審査を通過することもできません。逆に、年金だけでも審査を通過できるのは銀行カードローンです。

 

もちろん、年収以外の収入があればより審査に通りやすくなるのも事実です。また、消費者金融のように絶対に年金以外の収入が必要という訳でもありません。

 

なぜ、銀行は年金だけの方に融資しやすいのか

それには、銀行が顧客を手に入れられるからです。年金を受給する振込先も同様の銀行に指定してもらえば、年金を押さえることも、確実に融資したお金を返済することも楽にできるのです。

 

例えば口座から天引きするなどすれば非常に簡単です。実際に天引きをするかどうかは銀行しだいですが、顧客を手に入れやすいため、年金受給者でも簡単に融資をするというからくりがあるのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日